Shop Prof

こだわり?思い入れ?

カフェってコーヒーってことですよね?なのになぜ美味しいコーヒーが飲めないカフェが多いんでしょう?喫茶店っていつから定食屋って意味になったんでしょう?
無農薬コーヒー豆を備長炭の炭火で七輪を使い少量づつ焙煎した新鮮な豆をいれる直前に挽き、ハンドドリップで丁寧に入れる、ただそれだけのこだわりで美味しいひと時を過ごせます。

自家焙煎の美味しいコーヒーを楽しんでもらうにはぁ・・・と考えました。
庭で採れたハーブを使った手作りクッキー、天然酵母と国産小麦で作るコッペパン、せいいっぱいのおもてなしを!と思うとどうしても手作りになっちゃうんです^^

コーヒーのこだわり 
コーヒーっておいしいですよね?飲み歩きも大好きですが、自分でいれるとこれがまたいいんですよね~・・・ でも、焙煎店に豆を買いに行って疑問に思いません?焙煎日を書いてない店が多いんですよ!コーヒー豆は焙煎するとふくよかな香りを放ちますが、日が経つにつれ品質が劣化します。最も鮮度のいいコーヒーを飲むにために 自分で焙煎しています。コーヒー豆が徐々に茶色く変わって、なんとも香ばしい芳香を立ててくるのをじっと見ているひと時って・・・最高!

七輪のこだわり  
 なぜ七輪でしているかとゆうと、やっぱり炭火にこだわるからです。 炭火は火力が安定しないので付きっきりで調節してやらなければいけません。でも、ガス火と違い水分が発生せずまた、 炭火の遠赤外線 でじっくり焙煎するととっても深いいい味になってくれます。ついでにイモをほうりこんで食べたりもしてますが・・・^^

焙煎機のこだわり  
 最初は手網で焙煎を始めたんですが、これが思った以上にうまくいってすっかりハマッてしまいました(笑)。
今は小型の電動回転式の焙煎機を使ってます。電動だと一定の速度でまわしてくれるので、手網や手回し式より焼きムラは出にくいように思います。あとは火力調節に気をつければ(炭火だとそれが難しいんですが)
いい感じに焼きあがり ます。

無農薬のこだわり
 無農薬にこだわるのは、もちろん健康的とゆう面もあるんですが、農薬を使わないとゆうことはそれだけ手間がかかるとゆうことです。 つまりそれだけ手間をかけてもらって育った豆なんだからおいしくないわけがないですよね? コーヒー豆 の場合、無農薬や有機栽培を実践している農園は、小規模で機械化できないとか、農園主がナチュラリストだとか様々な理由がありますが、昔ながらの農法を守ることで本当のコーヒーの味を守っていることは共通しています。
あと、あんまりブレンドするのは好きじゃないんで基本的にはストレートで飲んでいます。

お店  
 Cafe k’sは水がおいしく酒作りで有名な京都の伏見とゆうところにあります。お店は喫茶併設ですが光があふれるようにガラスを多くしました。裏は 自宅ですが ハーブガーデンがあり、天気のいい日は庭でバーベキューやティーブレイクなんか楽しんでます。
近くには銘水100選の御香宮や坂本竜馬で有名な寺田屋、
酒蔵 など、観光スポットも多くあります。

お問い合わせ 
Cafe K’s 塚本
〒612-8318
京都市伏見区紙子屋町539-3
メール:cafeksatcafeks.com

TEL&FAX:(075)612-5164